看板メンテナンス

看板は雨や風にさらされ月日とともに古くなっていきます。
古くなった看板は、サビなどによる劣化や老朽化により破損の心配もでてきます。
壊れてしまう前に、気になった箇所は修理することをおすすめします。

ここで気をつけていただきたいのは「自己判断」がもっとも危険です。
なにか気になる点がある場合は まずはお気軽にお問い合せ下さい。

また看板は一度作ってしまうとそのままにされがちですが、
クリーニングも兼ね定期的なメンテナンスもおすすめです。
お店や企業のイメージアップにもつながります。

看板危険チェック

自分の現状看板は大丈夫かチェックしてみて下さい。

看板が傾いている

傾きやぐらつきがある場合は、かなり危険な状態です。
放っておくと倒れる危険があります。早急な対応が必要です。

看板がサビている

サビによる劣化はイメージダウン。特にポールの鉄の腐敗が進むと倒壊の危険があります。自己判断に任せず、まずはお気軽にお問い合せ下さい。

看板の照明がきれいる

切れた電球を放っておくと、印象が悪いだけでなく他に負担がかかってしまいます。またショートし火災を起こす危険もあります。

看板のシートがはがれかけている

年数が立つとどうしても色あせや、シートの縮みやはがれがでてきたりします。イメージアップのために張り替えをおすすめします。